NEW ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
OTHERS
 
肋間神経痛の原因を探ります。肋間神経痛の治療法をご紹介します。肋間神経痛は何科で治療すれば良いでしょう?肋間神経痛をお悩みのあなたに、是非ご覧いただきたいです。

肋間神経痛を起こす帯状疱疹ヘルペス

肋間神経痛の原因の一つに、帯状疱疹ヘルペスがあります。

帯状疱疹ヘルペスは、水疱瘡の原因となるウイルスと同様のウイルスの感染によっておこる病気です。

多くの人は子供の頃に水疱瘡にかかりますが、水疱瘡のウィルスは治癒後も神経節などに潜伏しており、免疫が低下した時や疲労やストレスにさらされた時に再活性化し、帯状疱疹を発症するということです。

帯状疱疹ヘルペスの症状の中に、肋間神経痛と同じく胸から背中にかけての痛みがあります。

また、帯状疱疹ヘルペスの特徴としては、肋間神経に沿って帯状に現れる発疹です。

ストレスなどによる肋間神経痛だろうと思って放っておくと、このような発疹が現れ、帯状疱疹ヘルペスであることに気づく人もいます。

帯状疱疹ヘルぺスにかかった場合は、専門医の治療が必要となります。

肋間神経痛の症状が現れたら、放っておかずに、まず掛かりつけの医師に相談に行くと良いでしょう。
肋間神経痛の症状 | 20:24 | - | - |

肋間神経痛の特徴的な症状

肋間神経痛の特徴的な症状は、左右どちらか片側に突然起こる激しい痛みです。

肋間神経痛の場合、その痛みは脊椎から肋骨に沿って起こる場合が多いようです。

深呼吸や咳、くしゃみなど肋間神経が通っている部分を動かすことで痛みを感じたり、痛みを感じないほうに神経を伸ばしても痛みを感じる場合があります。

また、咳やくしゃみだけではなく、大声を出した場合にも痛みを感じることがあります。

肋間神経痛の痛みを感じる間隔としては、数秒から数分というふうに非常に短いもので繰り返して起こるのが特徴です。

また、肋骨に沿って指で押さえてみると痛みを感じることも肋間神経痛の特徴の一つと言えます。

肋間神経痛の症状が起こりやすい年代として、中年以降の年代があげられます。
ですから、中高年世代の方は特に、肋間神経痛に対する十分な注意が必要です。
肋間神経痛の症状 | 13:03 | - | - |